内容詳細

ネットワークの設定を変更したいのですが、禁止されている事項を教えてください。

ネットワーク設定については、以下の内容が禁止事項となります。

  1. IPアドレス変更・削除・追加
  2. 例外:クラウドアクセスサービスを利用する場合を除く
  3. ネットマスク変更
  4. デフォルトゲートウェイ変更・削除
  5. スタティックルート追加
  6. 例外:クラウドアクセスサービス、BIGLOBEクラウドVPNサービスを利用する場合を除く
  7. BIGLOBEにて追加したOSのFirewallポリシー変更(WindowsFirewall、iptables)
  8. ソフトウェアVPN製品の導入(例:PacketiX VPN、OpenVPN等)
    ※例外:IP Address 設定を変更しない製品に限り導入可能
  9. OSの機能を利用したソフトウェアVPNの利用 
    ※例外:IP Address 設定を変更しない製品に限り利用可能
  10. DHCP Clientの無効化
  11. NTPサーバのアドレス削除 
    ※例外:NTPサーバの個別設定変更は可能
  12. MACアドレス変更 
    ※システムにより自動的に変更される可能性があります。
  13. サーバのネットワークインターフェースの停止、無効化
  14. 例外:BIGLOBEクラウドVPNサービスを利用する場合を除く
  15. (Red Hat Enterprise Linux 6対象)「/etc/init.d/device_mod」ファイルの削除
  16. (CentOS 6、Red Hat Enterprise Linux 6対象)以下のシンボリックリンクの削除 
    「/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules -> /dev/null」
  17. プライベートネットワーク-グローバルネットワーク間のブリッジ(L2)接続
  18. (CentOS 6、Red Hat Enterprise Linux 6 対象)「route6_check」パッケージの削除
  19. (CentOS 7、Red Hat Enterprise Linux 7 対象)「route_add」パッケージの削除
  20. (CentOS 7、Red Hat Enterprise Linux 7 対象)「device_mod7」パッケージの削除
  21. 設定済のリポジトリ設定の削除
  22. VRRP の利用禁止

<具体的な禁止操作例>

◆ Linux

  • /etc/sysconfig/network   IPV6_AUTOCONF=no 左記の行の変更禁止
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0, ifcfg-eth1   ファイル全体の変更禁止
  • /etc/default/grub 内のGRUB_CMDLINE_LINUX の行の末尾にある"net.ifnames=0 biosdevname=0" 部分の削除を禁止

◆ Windows

  • "ローカルエリア接続" "ローカルエリア接続 2" の IP アドレス 変更禁止
  • ※ただしサーバイメージ持込後のネットワーク設定を行う場合は除きます。

<参考情報>

参考になりましたか?